今季のカープに期待!

今日は野球のお話です。

私は大の広島カープファンです。

大竹(巨人移籍)の抜けた穴を誰が埋めるのか、と考えていましたが、その必要もなくなりました。
新人の大瀬良と九里らがその穴を埋めてくれそうです。
と穴を埋めるどころか、山を築きそうです。
私は、この二人を大いに期待しています。
ピッチャー陣では、もう一人の新人、巨人から大竹の替わりできた一岡。彼もいいピッチングをしてくれます。

打撃陣では、新人の田中に期待。守備は軽快で安心して見られますが、バッティングのほうもいいものを持っているので、結果がでるまでもう少し様子を見てみよう。

新人以外では、マエケン、野村など先発陣は充実しています。後ろを任せる投手陣も、永川、ミコライオと健在。
打つ方では、菊池、エルドレッドが好調。ちょっと心配なのがキラと丸。でも彼らなら大丈夫でしょう。

一番気になる選手は菊池。彼の守備範囲は広い、抜けたと思った打球を捕ってるのだから。

今季はきっと優勝に一番近いと思います。
優勝目指して頑張れ!
われわれカープファンも優勝目指して応援します!!

銀行の送金24時間化に賛成です。

自民党は、国際的な流れに対応するため、国内の銀行の送金サービスの24時間化の検討に入りました。現在、日本の銀行では、15時を過ぎたものに関しては、翌日の送金になってしまっています。昔に比べると、コンピューターの精度も良くなっているのですから、こうした対応も出来るのではないかと思います。
私個人としては、こうした流れには賛成です。インターネットオークションなどで物を購入することがあるのですが、そうしたときには、先振込が必要になります。仕事をしているため、なかなか15時までの振込は難しく、いつも翌日になってしまっています。こうした事があるので、対応して貰えると便利で良いと思います。
ただ、送金を24時間可能にすると、セキュリティの問題やシステムのメンテナンスなども大変そうです。これに伴い、新たに人件費も増えるでしょうし、初期投資も必要になると思います。それによって、何か使用料や手数料が上がる事態になるなら、そこまでの必要性はないのかなとも思います。犯罪などに悪用されなければ、いいのですが。

性格は地味で大人しめです

性格は地味で大人しめです。目立つ事もあまり好きでは有りません。今の時代にはちょうど良いかも知れません(笑)。だからと言う訳では無いですが、仕事も堅い所に勤めています。民間ですが(笑)。あまり関係は有りません(笑)。暗いと言う訳でも有りません。人とも普通に話をしますし、意外と社交的です(笑)。友達でお酒が好きな人がいます。身体を壊していてお酒が飲めないので、誘ってくれるのは嬉しいのですが、お断りをしています。それでも何回もメールが来ます。性格的にピンと来て、これはかわすしか無いなと思って、しばらくメールは返信しませんでした。しばらくしたらメールは来なくなりました。効果は有ったみたいです。流石に面と向かって言う事は出来ないです。いかに上手にかわすかを考えています(笑)。角が立って揉めるのは嫌なので。そこは慎重に行っています。ここら辺が性格なのかなと思います(笑)。友達でも人付き合いは慎重にしないと行けない時代なので難しいです(笑)。

素敵なカフェ発見!

イタリア、フィレンツェで素敵なカフェを発見しました。
そのカフェは、レストランでもあり、また本屋でもあるカフェです。気軽に、お茶でもしながら本を読んだり、独特な空間で、ゆったりとお得なランチを楽しんだりと、日本人なら必ずリピータになってしまう、”CUCULIA”という名前のお店です。
フィレンツェのサンとスピリト広場にほど近い、レトロなお店や画廊などもあるセラーリ通りのお店です。フィレンツェの中心地からちょっと足をのばした、芸術家、職人たちのサント・スピリトへの散策の際には、ぜひほっと一息こちらで過ごすのも良いですね。スタッフもとてもソフトで感じが良いです。
ViadeiSerragli3/r-50124Firenze
te:.efax.:(+39)0552776205
e-mail:info@cuculia.it
営業時間
火、水、木15:00-24:00
金、土11:30-24:00
日11:30-24:00
月休み

イタリア旅行の際にフィレンツェに立ち寄るなら、自分オリジナルの旅のカフェとしてプロジェクトされてはいかがでしょうか?

ファミリーフェアで購入するもの

父が会社に行っていた時は、その会社が扱っている商品の特売会が、社員の家族、親族、友人などを
対象に行われていて、洋服のほとんどをそこで購入していました。
ある時から、知人が、食料品全般で、ファミリーフェアがあるけれど、紹介と言う形で行ってみるかと
券をくれました。何があるのかと思ったら、煎餅、お饅頭、有名なお菓子メーカーの福袋、
さらに、コーヒーギフト半額、とか、紅茶や、ワイン、ビールなど、皆が、まるで戦闘態勢で、
そのブースめがけて飛び込むのです。私もワインのセールに飛び込みましたが、目で確かめて、
商品を購入するのは不可能です。手をのばして、届いた、と思ったら、その瓶を引っ張り出して、
店員さんに、何とかお金を渡すのです。ある時、ガチャーンと凄い音がして、パニック。
それからというもの入場制限です。
また、そのフェアがあります。パンフレットを見て狙いを定めて行きます。
買い物をするのに、怪我をしないように、家族は言います。人の物欲は凄いものです。

健気な夫のお留守番

先日、娘と二人で私の実家に帰ってきました。
飛行機の距離で遠方なのと久しぶりなので、1週間の滞在です。
夫は仕事もあるし、それに愛犬の世話もしてもらわないといけないので
当然のことながら、お留守番。
事前に何度もお願いして、快諾してもらっていたのですが、やはり本音は寂しかったようです。
私たちの出発日が近づくにつれ、涙を浮かべたり、無口になったりと情緒不安定な感じが目立ってきました。
出発の日、空港まで送ってくれたのですが、車の中でも夫は無口です。
お土産買ってくるからね~、と、涙ぐんでいる夫を置いて飛行機に乗りました。

さて、1週間後、帰ってくると、空港で満面の笑顔で夫が出迎えてくれました。
私はというと、1週間で家の中がどんなことになっているのかそちらの方が気になっていたのですが・・・。
家に戻ると、なんだか家の中の様子が違うのです。
なんど、一週間の間に模様替えされていました。
夫は寂しさのあまり時間を持て余し、家の中のあちこちを修理したり模様替えに熱中していたようです。
つかなくなっていた電気を付け替えてくれたり、庭の植木鉢を移動して花を植えたりしてくれていたのはいいのですが、模様替えの際に邪魔だったらしい私のバッグや持ち物を押入れの奥に押し込んでいたりして、物がいつもの所定の場所に見当たりません。
模様替えをする時間があったわりには、1週間前に干して出発した洗濯物がまだ物干しにかかっていたり、冷蔵庫を開けると一週間前に作って残った料理がそのまま忘れ去られていたり。
男の人の家事の視点って、面白いというか不思議というか・・・。
それでも、また涙ぐんでいる夫に怒る気にもなれず、翌日は家の中を整えるのに一日費やした私でした。