傘袋は小さなエチケット

雨の日の電車の中は、季節に関係なく湿度が高く、ムンムンして苦手です。

湿度だけでもゲンナリしているのに、隣に立っている人の濡れた傘が自分の洋服を濡らしている事も。

人の持っている傘だけでなく、自分の持っている傘でも同じことが言えます。

そこで重宝するのが傘袋です。

ビニールコーティングされた布で作られた、手提げ袋のような持ち手の付いた傘を入れる袋です。

袋を縦半分に折ってスナップボタンで留めれば、折りたたみの傘用になります。

スナップボタンを外せば長い傘用になります。

お天気が怪しい時には、折りたたみの傘をこの傘袋に入れてカバンに入れておきます。

長い傘をさして出かける時には、傘袋だけをカバンに入れておき、傘をたたんだ時に同じように使います。

傘袋を持っていれば、傘をたたんでサッと傘袋に入れるだけで、傘が開いてしまうこともなく、ポタポタと水滴が落ちることもなく、洋服を濡らすこともありません。

お店の入口に傘を入れるビニールがありますが、使い捨てのあのビニール、チョットもったいない気がしませんか?

「傘袋を持ち歩くこと」は、自他ともに快適に過ごすための小さなエチケットだと思っています。効果の高いルナメアAC!