アルコールに浸る遺伝子

同居している父の話なのですが、心臓を悪くして数年経過するのですが最近は元気な様子です。私にとって祖父にあたる父の父も心臓が悪かったので遺伝かもしれませんが、どちらかといえば生活習慣に起因している気もします。
祖父は私が中学生の頃に他界したのですが、離れて暮らしていたせいもあり詳しい素性は分からなかったのですが、最近母からいろいろ聞くことがあります。祖父は「婿」だったこと、また農家で日々忙しいはずなのに結構なまけものだったこと、またお酒が大好きだった事なのです。確かに小学生くらいのとき、家に祖父が来たときその「酒臭さ」にびっくりしたことがあります。酒宴でたくさん飲む、というよりは朝からちょくちょく飲んで、体内がずっとアルコールに浸っているんじゃないかという感じです。
思えば父も以前は昼間からお酒を飲んでおり、こういうことの積み重ねが心臓にダメージを与えるのでは、と感じます。私はそうならないよう気をつけるのみです。